鴻巣の夜シリーズに続き新しくトライしたのが「埼玉ワイドショー」。

世界で一番地味なワイドショーとし、埼玉新聞に掲載されている内容を元に、20代・30代の埼玉県民がサシで語るというもの。

これが驚くほど不人気(笑)

なぜこれがダメだったかを一緒に考えてみましょう。

YouTubeでダメな例を考える

まず、この動画を不人気と捉えている内訳は、再生回数ではありません。

YouTube再生回数は、中身の面白さを除けば、「チャンネル登録者数」「検索需要」「動画の宣伝」が必要な要素になります。

それで言うとそうだ埼玉TVは、このどれも満たしていませんから、再生回数はいったん横に置いておきます。

不人気の内訳は、単純に回りの人の反応からの推測ではありますが、まず最初に、この検証を鑑みると、

音声の聞きやすさとBGMはクリアしていますが、テロップとテンポ感はありません。

では内容において、どういったものが人気になるのかを考えてみます。

YouTubeで人気が出る動画

1. エロ・美女系

これは言わずもがな。

2. 暴力系

テレビでもニュースでも数字を集めるのが、性と暴力

過激、喧嘩、怒鳴り声、など、バイオレンスなものは常に高い視聴率を誇ります。

3. 無茶系

小学生向け

また、YouTubeの視聴者は主に若年層で、下は小学生まで入ります。

実際、小学生にスマホかタブレット渡すと、ゲームかYouTubeを延々見てますよね

小学生にとっても1、2は興味対象だし、コーラでお風呂入ってみた、とか、駄菓子10万円分買ってみた、とか、こういう無茶系も人気です。

正義系

悪や不正を成敗する系。「タバコのポイ捨て注意」はやってる人多いですね。2の要素も出せるし。

ヒカルさんの、「お祭りくじに当たりはあるのか」とかもそうですね。

複合系

「街のヤンキーに喧嘩売ってみた」なんかは、2と3の合わせ技だし、「ビーチで水着美女ナンパしたらヤンキーに絡まれた」だと、1+2+3の合わせ技だからかなり強い。

ちなみに、1も2も小学生にとっても興味対象。

4. 私生活の可視化

その昔、上岡龍太郎さんが「これからのテレビは、素人が芸するか、玄人が私生活を見せるか、この2つに1つ」と言い切っていました。

上岡さんの読みの的中率は恐ろしく、YouTuberを見ると、素人が芸をし、玄人になり私生活を見せる、という流れになっていますよね。

ボイパで話題を集めたヒカキンさん然り。

5. お役立ち系

家電の使い方、人気スポット紹介、など、知りたいという需要に答えるお役立ち系。

カズチャンネルとか私も結構見てます。

テーマによってはずっと検索需要があるものなので、再生回数は増え続けます。

地域の動画にどう当てはめるか

他にも、「グルメ、大食い、インタビュー、実験(やってみた)、ダンス(踊ってみた)」などありますが、このあたりはもう少し細分化されるところなので、大きく分けると上の5つになるかなと思います。

とすると、埼玉ワイドショーは、「エロ、美女、暴力、私生活、無茶、お役立ち」

どれも当てはまりません

さらに、「グルメ、大食い、インタビュー、実験(やってみた)、ダンス(踊ってみた)」

にも当てはまらない

その上、テロップ・テンポ感がない

仮にチャンネル登録者数が10万人いても、現状の埼玉ワイドショーでは再生されないと思います。

では、この人気が出る共通点と、埼玉県(そうだ埼玉TV)というものをかけ合わせたコンテンツは、どういうものが考えられるか、ということを別記事でまた考えてみたいと思います。

Twitterでフォローしよう