埼玉やりすぎ都市伝説の編集がほぼ終わりました。

ナレーターはアナウンサーの波多江良一さん

最後のキャスト探しであった、ナレーション。

誰かやってくれる人いないかなーとTwitterで呼びかけたら、まさかの本職アナウンサーの立候補。

そうだった。アナウンサーもまた、声のプロフェッショナルだ。

ナレーション、という点においては、声優さんよりもアナウンサーのほうがうまいかもしれない。

テレビ埼玉で共演

過去、波多江さんがテレ玉時代、2度も呼んで頂いて、共演させて頂きました。

最初に私をメディアに呼んでくれた方です。

これが2014年3月。

緊張したなあ、このとき。多分、カッコよく見せたいという意識があったからだね。髪型とかカッコつけようとしてる感じあるもん。キショイ。

二回目は2015年6月。

この頃にはかなりいろんなメディアに出させてもらっていて、ご覧のように完全に埼玉ポーズの人になっているので、一回目の頃よりは落ち着いて話せた。

「埼玉ポーズ仕掛け人」という、世界一カッコ悪いかもしれない肩書きで全国放送のテレビに出まくったあとだから、もうどうでも良くなってますね。

波多江さんのナレーション

そんな波多江さんに入れて頂いた、埼玉やりすぎ都市伝説のナレーション、実際はほんのちょこっとではあるんだけど、これが

ものすごくいいの。

いや、プロだからうまいのは当たり前なんだけど、本家のやりすぎ都市伝説のナレーションって櫻井孝宏さんでしょ。

波多江さんは、櫻井さんと系統的にも年齢的にも近くて、イケボなんですよね。

楽しみにしていてください。

映像編集は音に一番苦労する

映像編集において、一番難しいのって音編集なんです。

0円動画だから、基本全て自力でやるんだけど、正直、音編集だけは

無理。

映像撮影より、映像編集より難しいのが、音声録音、音声編集

ここも極めてるカメラマンはそういません。

だから音は、専門の編集スタジオに出すしかない。

ただ、ゼロ予算でそれやってると死んじゃうので、限界はあります。

埼玉やりすぎ都市伝説反響予測

どれくらいの人が本家を知ってるか

『正しい埼玉ポーズ講座』は、2月7日に公開して、3月18日現在4,560回。ダイジェスト版は1,016回。計約5,500回。

今回のパロディはどうでしょう。

元があるものだから、検索需要は高そうだけど、やりすぎ都市伝説ってテレビ東京だから、なんとも。つまり全国区ではない。

関東圏の人ならたいてい知ってるかな。でも、誰もが知ってるってほどの番組でもないよね、やりすぎ都市伝説。

でもやりすぎファンは確実に存在するし、個人的には、そろそろやりすぎ都市伝説春スペシャルやってくれたらいいなっていう。そうすると「やりすぎ都市伝説」の検索需要が高まるから、勢いに乗せやすい。

比較しにくいけど、例えば、「埼玉ポーズ」と「やりすぎ都市伝説」って、どっちのほうが認知度高いんだろう。

人気YouTuberたちのやりすぎ都市伝説パロディ

やりすぎ都市伝説のパロディは、すでにネット上にはたくさん存在しています。

みんなチャンネル登録者がいっぱいいるような人気の子たちなので、彼らの動画にはとても勝てないと思うんだけど、

映像的にここまでガチで寄せようとした人は絶対にいないと思います。

チャンネルパワーでは圧倒的敗北ですが、映像のクオリティだけは、どんなYouTuberの子たちのパロディにも負けてないと思う。

こっちは映像本職だし。カメラマンもガチだし。波多江さんもプロだし。

この、埼玉おふざけ連合の本気を、とくと見よ。

再生回数予測は

埼玉ポーズが一ヶ月で5,000回だから、それくらいいったらいいほうかなー。

これもまたこれで、予測が難しい。

ただ、「埼玉ポーズ講座」もそうだけど、やりすぎ都市伝説の放送が続く以上、一定数の視聴数はロングテールで期待はできそう。

役者さんも募集中

そうだ埼玉TV第三弾に出演してくれる役者さんも募集しています。

若い男2人、女1人、を探し中なので、出たい人連絡してね。

作りたいのは、これの埼玉版ね。

そろそろこれ、本格的に探さないと。

またTwitterで探そう。

Twitterでフォローしよう