「埼玉やりすぎ都市伝説」を公開しました。

「そうだ埼玉」同様、こんな動画をここまで真剣に作るやつはそういないだろう、という自負だけはある。

ターゲットは地域の壁の向こう側

予告編を先に公開したとき、かなりTwitterの反応が薄かったので、予告編は一部再編集して、告知動画を出した。

そうだ埼玉をフォローしている人は、地域のことを真面目に考えている純真な人がまだまだ多いので、この手の企画で反応を得るにはまだ時期尚早と感じた。

本家のやりすぎコージーはもとはお色気番組だし、地域活性化とは真逆。

ただ、こういう動画を普通におもしろがる層を、そうだ埼玉メディアに取り込んでいきたいし、そういう土壌を埼玉県でどんどん耕していきたいと思う。

そういうメディアは埼玉にはまだないので、そうなったらかなりおもろいんだよな。

県外の反響

この動画は、これまでそうだ埼玉TVで出してきたどの動画よりも好き勝手にやってるので、これがどういう効果をもたらすのかは楽しみ。

「正しい埼玉ポーズ講座」より伸びるか、全力でこけるか。

比較しながら検証を続けたい。

自分がやることは埼玉に関することが多いので、他県の人間は身内であっても基本あまり関心を示さないんだけど、事前調査では、この動画は埼玉県に関心が全くない他県民の反応が、これまでで一番大きかった

なので、地域の壁の向こう側から引っ張り出してもらえる可能性はあると感じた。

狙うはやはり、本家の放送時。

でも調べた感じ、当面本家の放送予定はない。次は夏になりそうだな、、、

ただ、地域活性とかなんとかにまるで関心のない層への発信力を強めていきたいので、こういったアプローチは必要だ。

撮影したのは翔んで埼玉公開日

所沢航空記念公園

この動画はここでも紹介したように、奇しくも『翔んで埼玉』公開日の2月22日に撮った。

 

場所は所沢航空記念公園のわけだけど、そこらじゅうに人がいるため、みんなにジロジロ見られながら斉玉夫として撮った。

「パンドラの匣は空いちゃったの!」と叫ぶシーンとか目の前に普通に人いて。何人も。「なにやってんのあれ」「ユーチューバーじゃね?プププ」 的な。

そういう目線、

燃えるんだよな。

山田うどん

3時間くらいで全カット撮って、そのあとは山田うどん本社で撮影。

山田うどん前のシーンは歩きながらだから、ちょっと難しくて、数テイクやった。ここが一番大変だった。

山田うどん江橋さんとのシーンはスムーズに終わった。

江橋さんは全国メディアに何度も出てる人だからカメラ慣れしてるし、屋内だし、撮影しやすい場所を江橋さんが用意してくれていたし。

ナレーション

ナレーションはTwitterで募集して、アナウンサーの波多江さんがやってくれることになったわけだけど、めっちゃハマってる。

テキストを送ったら「やってみましたー!」とすぐにデータが来て、一発OK。だって、完璧だもの。

あのナレーションがあると、映像のクオリティがかなり上がるよね。

音編集は難しい

カメラマン、川島薫の撮影も完璧なので、映像としてのクオリティは相当高い。

今YouTubeにある、どの「やりすぎ都市伝説」パロディよりも良い自信はある。

難しかったのは音声編集。MAですね。お金があればMAスタジオに出すんですけどね。自主制作の0円動画ですからね。

これは本当に難しい。もっと追い込める余地はあったんだけど、延々時間かかっちゃうので、最低限、きちんと聞こえるバランスだけを意識して整音した。

余談だけど、BGMのチョイスにはかなり気を使った。

そして見事なチョイスができたなと。

さすが俺。

作った側が一番満足してるのは、そんなところだったります。

音楽畑出身だし。音から映像イメージを構築するのはよくやること。

時間を割いたところといえば、それとあと、テロップの本家っぽさ

スマホ向けに編集する

最近は、音の調整も、どこをターゲットにするか難しいんだよね。だって、たいていスマホで見られるでしょ。

じゃあ、スマホで一番聞きやすいバランス、って言っても、ブルートゥースイヤホンで聞かれる可能性も高いから、最終的にヘッドフォンで整音したほうがいいのかな、とか。

音楽メーカーにいたときは、スタジオにあるでかいスピーカーで聞いてベストの聞こえ方を探るのが一般的だったんだけど、マスタリングスタジオでも、小さいスピーカーで確認したりもしてた。

今なんかだと、スピーカーも、オーディオコンポでもなく、PCスピーカーだろうし。

第二弾は誰か脚本書いて

「正しい埼玉ポーズ講座」同様、これも再生回数が伸びるようなことがあれば第二弾を作ります。

もし次作ることになったら、

誰か脚本書いてくんない?

あれ去年の夏にスタバで1時間くらいで即興で作ったプロットなんで。

 

そうだ埼玉TVの放送作家とか構成作家やりたい人とかいませんかね。シャレでいいから。頭脳が1つだとめっちゃ疲れる。

動くのよりもなによりも、考えることが一番労力使うんだよね。とりあえず私の場合は。

企画考えるのが好きな人来てくれ。

次はこれに着手

埼玉あるある動画は、わりと拡散させやすいのではないかと思う。

とりあえず、これの役者を探す。

しばらくツイート投下してみよう。

集まったら撮るし、集まらなかったら終了。それが0円動画。

Twitterでフォローしよう