先日、浦和ロイヤルパインズホテルで、埼玉県を30分間語るという仕事をやってきました。

動画

チャンネル登録

企業の勉強会・懇親会

簡単に言うと、ある企業の集まりが、年に一度、山梨を含む関東圏で持ち回りで開催されていて、今年は埼玉県が担当ってことで、浦和ロイヤルパインズホテルでおこなわれると。

で、各県から従業員が埼玉県に集まるので、どうせなら誰かに埼玉県のことを語ってもらって、より埼玉県に関心を持ってもらおう、ということで私が呼ばれたわけです。

相手は20代?50代?

関東1都7県から、約250名くらいの人が集まるということは伺っていましたが、今回私は勝手に、20~30代の女性を想定していました。

で、その世代の人たちに楽しんでもらえるような、かつ、50~60代をディスり倒す内容も一部盛り込んでいました。

しかし、実際行ったら、

ほとんど50代。

孫子はいいました。

敵の情を知らざる者は不仁の至りなり

もっと情報収集すべきであった。

なんていうかな、例えば「看護師」って聞くと、なんとなく20~30代って思いますよね。でも実際行ったら病院長とか医師団体のお偉いさんばっかりだった、という感じです。

リハーサル

こういう講演でまあ、よくあるのが、パソコンがプロジェクターに繋がらないってやつ。

なので事前に会場スタッフに直接電話して聞くんですが、あんまり詳しいことはわからないとなって、技術スタッフに電話を変わってもらうわけです。たいていこの流れ。

で、技術さんに話を聞いて、当日臨むんですが、その電話対応した人と当日の技術さんが同じ人で、俺の質問の件を当日のホテルスタッフが共有できてる、ということはどの会場でもまず起こりないので、やっぱり当日プロジェクターに繋がらない、ってざわつくところまで、

デフォルトです。

ちなみに、技術さんは接客のプロではないので、9割方無愛想です。これもデフォルト。

話は簡単で、RGBで繋がれていたので、HDMIを手配してもらって解決。

「接続はそのどちらかで」、とは技術さんから聞いていたし、自分は「HDMIで」、と伝えていたんだけど、その一連のやり取りは当日のスタッフは知らないから、しかたない。

で、無事パソコンが投影されました。

今回はセミナーや勉強会ではなく、懇親会のところに出ていくので、私のトークだけでなく、Maki(@0821_maki )さんらにも来てもらって、最後は「そうだ埼玉」ダンスの披露という華やかな形の演出を企画していました。

ターゲットを見誤り高まる緊張

リハーサルが終わるくらいの頃、時間を間違えた来場者がバーっと入ってくる一幕がありました。

すぐに戻ったのですが、その瞬間焦りました。

「みんな50代、60代じゃね…?」

リハから控室に戻るときも、廊下にいた来場者を見る限り、20~30代というより、50~60代。

これはいかん。

そこから急激に緊張が。

パソコンは現場にセット済なので、もうデータを修正することはできない。

やばい。

やばいやつだ。

脳内修正作業へ

その上、衆議院議員だとか、県会議員も何十人もいるっていう。

ちょっと。なんなの。そういう会なの。そうなのね。

どっちかっていうと、そういう人たちをディスる内容になっちゃってるんだけど。

控室で極度の緊張状態に陥る鷺谷

やばい。

いや、ディスるって言ってもなにも悪口を言うだとかではなく、ちょっとおもしろおかしくいじるというか。ファニーな内容ですよ。

でも、完全にターゲットを読み違えたと思って、急遽

頭の中で緊急編集作業開始

です。

私のパワポ資料は基本、大枠の言語しか書かないので、喋る内容を変えれば対応は可能なんです。

せめてデータを見れればいいんだけど、手元にパソコンがないから、ひたすら頭の中で編集・修正を繰り返す。

本番

というわけで本番。

会場に向かう。このときが一番緊張してたかも。

中を覗く。

議員さんらが順に挨拶をしていて、10分押し。

今からでもやれることをやろうと、中に入って、

会場内の年齢層や空気をチェック。

「敵の情を知らざる者は不仁の至りなり」

そして本番開始。

講演やセミナーはこれまで、10回?もまだやってないかな、でもその中で一番難しかった。

でもなんとかやりきったし、自分の中で大きな経験になりました。

最後はMakiさんらダンサーチームによるそうだ埼玉ダンスの披露、

そして最後は、埼玉ポーズ考案者であるMakiさんに、埼玉ポーズの由来や、正しい埼玉ポーズの形なんかを説明してもらって、

全員で埼玉ポーズ写真の撮影を行い、無事終了。

埼玉のことを語る人

埼玉県を知ってもらおう、みたいなことになると、なんたら協会とか団体とか、または歴史学者だとか教授だとか出てきて、「埼玉は日本一がいっぱいあって、有名企業もあって、出身芸能人もたくさんいて、なにもなくないんですよー」みたいな入りからですよね。

で、観光は秩父、川越、レジャースポットは東武動物公園、特産品には草加せんべい五家宝だとか、でもそんな知識はネットで見れるし、聞いててもおもしろくないから、「なぜ埼玉県民だけがディスられても平気なのか」という、現在執筆中の本のテーマで臨みました。

チャンネル登録

これが埼玉県唯一無二の個性だし、もちろん賛否はあると思いますが、自分にしか語れない観点から30分挑みました。

Twitterでフォローしよう