地域特化YouTubeチャンネルはどこまで需要があるか。

スポンサーリンク

地域特化YouTubeチャンネル

あるいは、どこまでその需要を生み出せるか。

そして、どんなことができるか。

本日より、実験的に試みを開始したのは、「サイタマーの生態」。

埼玉県民は日頃どんなことをしてるのか。

どこに遊びに行っているのか。

埼玉県民の生態に迫るという、世界で一番需要がないんじゃないかという動画企画。

サイタマーの生態

ここでも話し合ったように

SPUメンバーは県内各地に分布しているので、各地から動画を送ってもらい、それをそうだ埼玉TVからアップしていくと。

でもそれだけだと、さすがに内容が散漫になるので、音声で全部に突っ込むことにした。

本当はテロップで突っ込もうと思ってたんだけど、編集で一番辛いのがこのテロップ挿入で。

これは、ただテキストを打ち込むだけではなく、フォント、サイズ、位置、出るタイミング、そのときの効果音も考えると、半端ない時間かかる。

なのでこれを

声でやることにした。

これまで、かなり作り込んで制作して疲弊してきたので、SPUメンバーから出た意見も鑑み、継続させやすいスキームを考えた。

そうすると、今まで4~5時間くらいかかってた作業が、10分で終わる。

出演者は全埼玉県民

「YouTuberとしてガチでやってこうとは思わないけど、ちょっとなんか出れるなら出てみたい」

って人は結構いる。

芸能人になろうとは思わないけど、テレビに出れるならちょっと出てみたいっていう、そういう。

これは、動画を送ってもらえれば、自動的にそうだ埼玉TVに出演できる。

サイタマーなら。

730万人、全部の埼玉県民が出演者。どっか旅行にいったー、イベントいったー、カラオケで騒いだー、なんでもいいんだから。

サイタマーなら。

そのかわり、その動画には全力で突っ込んでいく。YouTubeコメント欄より先に突っ込むスタイル。

でも、このチャンネルが広まらなければ、そうもいかないので、ぜひ応援よろしくお願い致します!

そうだ埼玉TVチャンネル登録
https://t.co/Xla72KNbfe?amp=1

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう