埼玉県の愛着度ランキングっていつも低いですよね。

私の肌感覚的に、埼玉県で地元意識が高い人は10%くらいのような気がします。

残りの90%の人は埼玉県に関心がない。

あくまで私の肌感覚ですよ。

ただこれをベースに、ちょっと話を進めさせてください。

埼玉県に関心がある人は誰?

730万人の10%は73万人。

この73万人の内訳は大きくわけるとこの3つ。

  • 埼玉県に長く住んできた高齢者
  • 自治体職員
  • 地元企業・商工会・町おこし団体・他

埼玉県を動かせる人の共通点

この773万人の3%(約22万人)くらいが、埼玉県を動かす力を持っています。つまり権力者。またはそこに限りなく近いところにいる。

全部がそうだとは言いませんが、この3%の人たちが問題なんです。

大学にしろ、ボクシング協会にしろ、この体質がどこにでもあること、わかりますよね。

地域にこそ、こういう権力が蔓延っています。

この人たち(約22万人)は、その他90%(657万人)の人たちの感覚と、大きく乖離しています。

この22万人の共通点をわかりやすくいうなら、

  • YouTubeは使えるが、ニコ動のアカウントは持っていない
  • Facebookアカウントは持っているが、Twitterアカウントは持っていない
  • プラスよりもマイナスにならない方法を選ぶ思考回路

といったところ。

悪しき体制を改善しようとするもの

この73万人の、7割(約51万人)の人たちは、657万人の一般県民にとても近い意識を持っているんですが、いつもこの権力者(22万人)から否決されています。なにをやろうとしても。

否決のパターンはこんなところ。

  • 「それのなにがおもしろいの?」
  • 「問題が起きたら責任取れんの?」
  • 「費用対効果は?」

これで、ほとんどの人が潰され、忖度します。

ここで潰されず、忖度もせず、突き進めるのは全体の1%のみ。7万3000人。

埼玉県に一番必要な人材

埼玉県を100人の村だと仮定し要約すると

  • 一般県民 90人…地元意識低い一般埼玉県民
  • 権力者  3人…地元意識が高く、埼玉県を動かせる権力者
  • 現場   6人…地元意識が高く、埼玉県を動かせる権力者の近くにいるが潰されてしまう人
  • ヒーロー 1人…地元意識が高く、埼玉県を動かせる権力者の近くにいるが潰されず突破できる人

地域の壁とは、この4つの間にある、それぞれの壁です。

ヒーロー目線で考えてみてください。

権力者に楯突き、一般県民のために突き進み、同胞である現場からも「痛い奴だ」と疎まれる。

めっちゃ辛いでしょ。

でもいつの世も、市民県民住民のことを第一に考え、戦ってきたのは、このヒーローなんです。

なのでこのヒーローは、常に孤立した存在です。うまくいっても評価もされません。

この記事で一番言いたいのは、このサイトは、この

孤立しているヒーローたちに向けたもの

だと思ってもいい。

73,000人の孤独の埼玉県民へ

地域の壁を突破しようとする1%のヒーローたち。

この県で孤独の戦いを繰り広げている73,000人のヒーローのみなさん。

あなたは、1人でリスクを全部背負い、うまくいっても給料にもお金にも繋がらず、さほど評価もされない

会社から評価されないどころか市民からも評価されません。

されるのは幹部だけ。

失敗したときのリスクだけは大きく、地域のために、市民の、地元民のためだけに愚直に戦う出世できないタイプ

本当に地域のことを考えている人が、なぜこんな目に遭わないといけないのか。

地域の壁は、正直者がバカを見るの典型を地で行く問題です。

埼玉県内に点在する孤高のヒーローたちは、全体の1%、73,000人。

この73,000人をここに集めないといけない。

地域の壁壊さずして地方創生なし

これは昨今話題のスポーツ業界でも、どんな業界でもある壁です。

必ずそこで、この地元意識のあるなし等で、地域の壁にぶち当たり、途方にくれている孤高のヒーローが各地にいます。

地方創生だの、地域活性だの言われていますが、この地域の壁をなんとかしないと話は先に進みません。

さらに言えば、埼玉県はまだこの壁は薄いと感じています。

地方にいけばいくほど、この壁は分厚くなる。

埼玉県はまだ十分可能性があります。

まずはこの73,000人をここに結集させれるよう、私も頑張ります。

メルマガ登録

Twitterでフォローしよう