著書「なぜ埼玉県民だけがディスられても平気なのか?」において、埼玉県民の実態にとことん迫り、その県民性を一冊の本にまとめた。

次は、県民性ではなく、埼玉県の遊び方について定義づけてみようと思う。

スポンサーリンク

埼玉県の県民性とは

「寛容」「ドM」「いじられ好き」と、毎回ぼんやりと語られる埼玉県の県民性。 

実際は、埼玉県民が特別寛容なわけでもないし、ドMのいじられ好きのわけでもない。 

悪口言われれば誰だって怒るし、だいたい、県民性がドMってなんだ 

しかし、メディアがそのように埼玉県民をイメージ付けたがる気持ちはわかる。

愛着度ランキングは最下位常連だし、根本的に郷土愛もないんだろう、だからどういじられたって構わないんだろう、と結論づけてしまえば簡単だ。 

もちろん、埼玉県民のあなたにはおわかりのように、それは違う

生まれ育った土地になんの思い入れもない人間なんて、いるわけがない 

ではなぜ、『翔んで埼玉』のような埼玉ディスり映画がここまでヒットしたのか

埼玉県民とはいったいなんなのか。 

なぜ、ディスられても平気なのか。 

各地域の様々な世代への取材を重ね、「なぜ埼玉県民だけがディスられても平気なのか?」において、その実態に迫り埼玉県の県民性をまとめた。

 

なおこの本には賛否が溢れているが、今後もさらに賛否を出して欲しいと思っている。 

その実態がさらに洗練されていくからだ。 

埼玉県の観光を定義する

さて、次は県民性ではなく、遊び方について定義づけてみようと思う。 

つまり、埼玉県の観光について。 

埼玉県の良さは、六本木にも湘南にもディズニーランドにも容易に行けるところにあるが、これを全て、埼玉県内だけで考えてみようという試みである。 

いっそのこと、

「もしも日本に埼玉県しかなかったら」

 と仮定してみようじゃないか。 

そうなると、夏に海に行くこともできないし、スキーは狭山スキー場(屋内)しかなく、ディズニーランドもなければ、空港もないから、海外旅行もできない。 

埼玉県しかないんだからしかたない。 

そう考えたとき、埼玉県のどこをどのように観光するのがいいか。 

1月から12月まで、1ヶ月に1つのペースで、全12パターン考えてみた。 

「なぜ埼玉県民だけがディスられても平気なのか?」で全63市町村レビューをやってきているので、googleが知らない現地の情報や、そのことを話すときの地元の人たちの表情や声のトーンまで、私の中にはそのデータが残っている。 

自分の実体験も踏まえながら、各月季節に応じて、12パターン、泊まる宿から、立ち寄る店、そのルートまで勝手に決めてしまう。

昼から昼まで一泊二日の埼玉旅行

旅行は、昼集合、翌日の昼解散で想定。 

なので、「観光」「旅行」といったニュアンスより、ショッピングやデートも兼ねた小旅行程度のもの。 

異論、反論は大いに認める。 

たくさんの異論、反論を投稿してほしい。 

そうすることで、より良いプランを県民と共にブラッシュアップさせながら、構築したい。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう