今回は三峯神社取材旅の模様を。

三峯神社

三峯神社の参拝客はすごく増えましたが、長く行かれてる方に言わせると

「三峯神社は奥宮行かなきゃだめですよ」

とみんな言うんですね。

というわけで行ってきました。

駐車場

この日は平日の午前、雨。

それでも100台以上の車が停まっていて、バスも大勢の人たちを運んで来ていました。

車のナンバーは川崎や世田谷など、東京や神奈川、あと千葉や群馬からも来ていて、その人気を改めて痛感。

話題の「白い氣守」は頒布休止中。

奥宮参道入口

ここが入口。ここにまた戻ってくるまで、往復2時間は見ておいて下さい。

中に入るとデニムに革ジャンという、なめた服装の人はおらず、ほとんどがガチ登山スタイルの人ばかり。

でも、デニム革ジャンも、なかなかの防護服だけどね。暖かいし。

一之鳥居

入って少し歩くと鳥居が出てきます。

おわかりいただけるだろうか。

「クマ出没注意!」

と書かれた張り紙が。

中は本当に山道という感じで。

登山用に道がキレイに舗装されてる感じはありません。

これが奥宮までの厳しい道なのだ。人生と同じ。

時期的に紅葉がキレイでした。

ニ之鳥居

三峯神社に行く人は100人くらいいたけど、奥宮行く人はほんの数人

奥宮に向かう途中すれ違ったのは5~6人程度でした。

三之鳥居

ここまで来るとさすがに疲れてくる。

30分くらい歩いたか。

奥宮までの山道は行き(上り)が本当に辛い。下山はわりと楽です。上りに比べれば。

途中、こうして三峰の鋭気を頂きながら向かいます。

ちなみに、霧が出てくると、狼が歓迎してくれてる、なんて逸話もあるんだとか。

四之鳥居

この四之鳥居はすごい歴史を感じました。

ここからのコースは、こういう、人工的な階段があります。

「さすがにもう人が通れないだろう」ということで作ったんでしょうが、そうなるちょっと前は相当登りにくかったんだろうなと…

雷なのか、台風なのか、老朽なのか、途中、木が折れているところもあったし、歩きにくくなってくるところは必然的に出てくるんでしょうね。

すごいでしょ、これとか。

柵もなく、一歩踏み外したら崖から転落みたいな道もあるので、高所恐怖症の人はちょっと厳しいかもしれない。

五之鳥居

これがゴール直前なんですが、

奥宮に辿り着く直前は傾斜が激しすぎて、このチェーンをつたっていかないと厳しい。

特にこの日は小雨が降っていたので、足元も滑るし、非常に危険。

下山中、スカートみたいなの履いてる女性とすれ違ったけど、ここ登れるのかな。

そういえば30~40代の、女性一人で奥宮向かう人が数人いました。

男一人でも結構寂しいけど、女の人ってやっぱすごいな。

奥宮

奥宮は、なんだかパワーがすごすぎて、撮影したら罰当たりそうな気がして撮りませんでした。

なので、奥宮横にあるここで撮影を。

鋭気を、生気を、運気を、あらゆる氣を頂いている

ような感じがするでしょ。

三峯神社

そして下山し、いわゆるみなさんがよく行かれている三峯神社へ。

ここもすごい立派な造りですよね。

入口。

拝殿の前にある赤い目の龍神様

このあと中で『なぜ埼玉県民だけがディスられても平気なのか?』の成功祈願をしていただきました。

そしてふもとに戻り

食堂で

山菜うどんを頂く。

身体が相当冷えたので、温まった。

不動尊・不動名水

帰りに、不動名水に寄りました。

天然の湧き水ですね。

昔からある恵みの水で、ポリタンクに入れてみなさんありがたく頂いていくようです。

花園フォレスト

帰りには花園フォレストに寄り

人気だというクッキーシュークリームを。

食感が良い。

あとここはクッキー詰め放題が人気なんだとか。

この日はなかなか疲れました。

この取材は「なぜディス」埼玉県63市町村見聞録に収録!

なぜ埼玉県民だけがディスられても平気なのか?

Twitterでフォローしよう