埼玉県に関する本を3冊出します。

予定はありません。

見込みもありません。

これから動きます。

このカテゴリーでは、私が本を出すに至るまでを綴っていきます。

至らなければ、至るまで永遠に続きます。。

三冊の内訳

三冊の内訳は

  1. 「なぜ埼玉県民だけがディスられても平気なのか」
  2. 「地域の壁」
  3. 「埼玉奇考論」

この通り。

順に説明します。

ちなみに、タイトルも私が勝手に考えただけ。

1.「なぜ埼玉県民だけがディスられても平気なのか」

埼玉県民が書いていない埼玉本

そうだ埼玉」を作ったとき、埼玉県内のいろんな地域や企業を回ってきました。

他にも、自治体や県庁の人たち、そして、取材に来るメディアの方々ともたくさん会いましたが、みんな、埼玉県に関する捉え方が、微妙に違うんですね。

それは見事に交錯しながら、わずかにみんなずれている。

とくに、メディア関係の方々は、取材時も片手に埼玉関連本を持って

「自分もこれ読んだんですけど、やっぱり埼玉って…」
「ここにも書いてありますけど、埼玉県って…」

と、事前に下調べしてくるところは、さすがプロフェッショナルと思いますが、私がいつも思っていたのは

それ書いてんの、埼玉県民じゃねーから

と。

テレビの埼玉特集なんか見てても感じませんか。

ちょっと違うんだよなあ、と。

他県民が書いた埼玉本を読んで、それをベースに埼玉を捉えてほしくない。

埼玉関連本って山程ありますが、著者はほとんど他県民なんです。

埼玉県民が書いたものなら「あいつ分かってねーな」とツッコミも入れやすいんですが、他県民が書いたものだと、突っ込む気もなくなる

むしろ、(埼玉を)取り上げていただいてありがとうございますになってしまう。

誰も自己主張しない

自己主張することに臆病だからか、埼玉県の人は誰も書かない。

「俺が埼玉語ってやるぜ」という人が出てきてくれれば、私が「あいつわかってねーな」としたり顔で言うんですが、誰も書かない。

埼玉県民が書いたものなら県民もツッコミやすいだろうし、その意見が出れば出るほど収束されて、本当に定義されていくと思う。

そしたら、もう自分が言われる側になるしかない。

またいろんなところから怒られるのは目に見えていますが、もう慣れたからいい。

あと、話はそれますが、一つ言っておきたいのは、「そうだ埼玉だの、埼玉ポーズだの、くだらねえもん流行らすんじゃねーよ」と言うなら、これらを掻き消すようなおもしろいものを、てめえが作れよと思う。

…と、誰かが言ってました。僕じゃないです。はい。

2.「地域の壁」

地域の壁を壊さずして地方創生はない

これは、このサイトを作ろうと思った根本です。

地域の壁はずっと感じていました。

自分自身も、回りの人たちからも。

この地域の壁とはなにかは、ここを見て頂きたいんですが、

http://saitamapose.com/category/wall/

つまりは、こう。

地元意識が薄い若い人たち /壁/ 地元意識が高い大人たち

埼玉県を動かせる能力がある人たち /壁/ 動かせる立場にある人たち

地域を盛り上げようとする動きは、この壁によって断絶されています。

この壁を壊さずして地方創生も活性もない。

養老孟司先生のご意見を伺いたい

これはこのサイトの根幹部分でもあるので、カテゴリ「地域の壁」で連載で詳しく語っていきますが、この壁とどう向き合うかを徹底的にまとめていきたい。

書籍化する際は、壁と言えばこの御方、尊敬する養老孟司先先生のコメントをぜひ帯に入れてほしい。

そして巻末に養老先生が考える「地域の壁」に対するご意見を伺いたい。

3.「埼玉奇考論」

上の2冊を書くために40市定義を始めた

これらの本を書こうと思ったとき、自分の脳内の整理が必要だと感じました。

現在メルマガで連載中の、埼玉全40市をぶった斬る「埼玉奇考論」は、実はそのために始めたものです。

そもそも自分は全40市をどのように捉えているのか、そしてそれを見た県民(メルマガ会員)はどのように感じるのか。

上の2冊が本筋ですが、この「埼玉奇考論」も世に放つ。

「埼玉あるある」なんかない

一つ思っているのは、「埼玉あるある」って実はすごく微妙ということ。

埼玉は広く、東西問題もあってかなり文化が違う

それを分かってる人は、東西南北に分けて捉えたりもしますが、それも全く違う

この県は、沿線で分けて考えないとダメ

なので埼玉奇考論を一冊の本にするなら、大目次は沿線で分けて、小目次に各市が入るイメージのほうがいいかもしれない。

すると、ニューシャトルが出てきて、市だけでなく町も入ってくる。

いよいよ大変そうだけど、あくまで構想段階なのでイメージだけはいろいろ膨らましておきましょう。

本を出版できるか

以上が、3つの本を出版したいと考えた経緯と、それぞれの出版のイメージです。

ぜひあなたの見解や意見も教えてくれたら嬉しいです。

繰り返しますが、リリースの目処はありません。

全然無理かもしれないし、出せたとしても全く売れないかもしれない。

ここであなたと一緒に、この出版に向けて会議していきたいと思っています。

メルマガ登録

Twitterでフォローしよう