人間の顔って、目が2つ、鼻と口1つがあってその配置もみんな同じなのに見事なまでに全員違いますよね。 

同じ顔の人って絶対にいない。いったい何パターンあるんだと。

2017年9月15日メルマガBN

 「自分の個性とは」なんて若い時は特に考えたりすることもあったと思いますがそう考えれば個性なんて、顔どころか体内まで見れば全部違うわけだから自分の存在そのものが唯一無二であるとも言えます。 

小学校の時なんかを思い返してみても、一つのクラスだけで本当に色んな奴がいたなあと思いますよね。 

運動神経が良い奴、頭の良い奴、クラブで活躍する奴、ルックスが良い奴、喧嘩が強い、弁が立つ、何かに詳しい、明るい、暗い、学校に来ない、そして家庭環境や親も、またその場所から性格までみんな違う。 

これだけ違う人間がたくさんいればクラスで何かやろうとしても茶化したり妨害したりふざけたりする奴も必ずいて、簡単にはまとまらない。 

そういうやつをみんなで攻め立て仲間外れにするのは簡単ですがそいつは激昂しますよね。 

その激昂の表現は様々で、登校拒否したり、転校したり、またはナイフを持ち出して全員に切りかかってくることもあるかもしれません。 

そういったことも考慮し、応戦できるよう日頃からみんなでナイフを持っておこうというのがアメリカの銃社会だったりするわけですが、やられる前にやってしまえという考えもあるでしょうし、または、武器そのものをなくしてしまおうという考えもある。

そしてこのナイフや銃がミサイルや核爆弾になると戦争になる。 

「核爆弾で日本を沈めるべきだ」 

という声明を発した後、今朝再び北朝鮮から発射されたミサイルが日本列島を越えJアラートが発令されました。 

北朝鮮の思いや、また、その中で広がる雰囲気は日本に住んでいる限り簡単には分からないしだからこそ色んな意見があって当然ですが、北朝鮮が日本に落とす時は自らの終わりも覚悟した時ということなので、それはまずないだろうという考えが多いのが現状ですが現在、日本政府に対しは「弱腰だ」「早く潰せ」「なんとかしろ」といった声も目立ってきています。 

ここまでやられて圧力かけるだけ、というのは情けないと感じる人も多いのかもしれません。 

国家間などは特にそれぞれの立場からすれば解釈は様々ですが、お互い過去にそれぞれ怒りは抱いています。

 圧力をかけて効果がありそうならそういった外交手段も有効かもしれませんがそんな相手ではない。 

日本もその昔、ABCD包囲網、つまり経済制裁を受けても折れずに開戦に向かっていきました。 

どんなものでも愛情は100%に達した時、簡単に憎悪100%にも擦り変わるんです。 

人を好きになりすぎてしまうとその人が何をしてるか常に気になってしまい、ひどい嫉妬と執着心が生まれ、思い通りにならないと殺害事件にまで発展します。 

だから、続く関係というのは100%ではなく、7080%くらい、つまり2030%くらいの余裕がある関係で、それくらいの距離感がないと愛が憎しみに転換した時に愛が残らないんですね。 

愛国心は大事ですが、それも強くなりすぎればお国のためにという正義のもとに結果的にすごく残忍な判断も時にしてしまうということは歴史が物語っています。 

例えばもし埼玉県民の郷土愛が全員100%だったらメディアでダサイタマなんて言った瞬間クレーム殺到で、しまいには放送禁止用語になるかもしれない。 

千葉県民と付き合うことも許されなくなってそんな雰囲気になったら結婚なんてもってのほかで、本人同士は良くても親族達は祝福しない。

とにかくもうギスギスしてくる。 

埼玉県民が埼玉県に対して適度な余裕と距離感があるからどう言われてもムキにならないどころか笑いにまで変え回りを明るくさえしてる。 

色んな順序はありますが、まずはいかに人が死なないかを考え実行するのが政府の役割であって国家の尊厳も意地も大事ですが、頭下げて緩和するなら下げてしまうくらいの選択肢も持っていないと、最終的には多くの人の命が犠牲になる可能性もある。

それなら、情けなくてもなんだろうと、人が死ぬよりはいい。 

きっとあなたも家庭を守るために下げたくない頭を下げて日々会社で戦っているはずです。

それと同様に、一人でも多くの人が傷つかないようにする道が、戦争に発展しにくくさせる平和的な解決のヒントが、埼玉県民が抱く適度な郷土愛に、あるかもしれません。 

メルマガ登録

メルマガ購読は無料です。

メールアドレス

登録されると確認メールが届きますので、そのメールに記載されている「登録完了URL」をクリックしてください。「登録完了URL」をクリックされませんと、メルマガ登録が完了しませんので、ご注意下さい。メールが届かない場合は、soudasaitama3@mm.tenka-jaya.comを受信許可設定にして下さい。

Twitterでフォローしよう